聖櫻学園物語~聴こえる夏の音~ | イベント一覧 | ユーザ別TOP10ポイント推移



【開催期間】
前半:6月25日22:00~6月28日12:00
後半:6月28日12:00~6月30日20:00

【出会えるガール】
・SR[夏を前に]春宮つぐみ (CV:高垣彩陽)
・SR[夏を前に]望月エレナ (CV:原田ひとみ)
・HR[夏を前に]七海四季 (CV:三澤紗千香)あと4日、体調に気を付けて頑張ってください… 暑いときはすみっこがおススメです…

【出会えるぷちガールちゃん】
・HR[夏を前に]アネット・O・唐澤 (CV:M・A・O)

【SP応援ガール】
・SR[夏を前に]三条八重 (CV:植田佳奈)
・HR[夏を前に]森園芽以 (CV:三上枝織)
・HR[夕涼み17]橘響子 (CV:新谷良子)
・R[夏を前に]掛井園美 (CV:大坪由佳)
効果発動期間:6月30日20:00

会いに行けるガール


関連ガール



オープニング

  • 望月エレナ「衣替えで、薄着の女の子がいっぱいよ~むふふ♪ 激写激写~ 腕が鳴るわ~♪」
  • 春宮つぐみ「は~ あっつ~い! 部活は大変だけど、もうすぐ夏だと思うと、わくわくする!」

会いに行った時のセリフ

  • 優木苗「夏用に作った服がきつく感じるんです。うぅ… サイズを間違えちゃったんでしょうか…」
  • 優木苗「ついこの前まで寒かったのに、急に暑くなってきましたね〜 夏が近いんでしょうか〜」
  • 優木苗「もうすぐ水着を着る季節ですね〜 最近、食べ過ぎてしまっていたので、少し心配です…」
  • 戸村美知留「あれ? もしかして、ちょっと太っ… いや、そんな、まさか… あは、あはははは…」
  • 戸村美知留「夏に向けて一緒にシェイプアップしない? ほら、一人より二人の方が頑張れるでしょ?」
  • 戸村美知留「やっほ〜 もうすぐ夏だね〜 イベントに向けて、コスの準備も始めたとこなんだ〜」
  • 望月エレナ「ふふふ、いよいよ夏が近づいてきたわね〜 シャッターチャンスが増えて嬉しいわぁ〜」
  • 望月エレナ「夏に向けて水着を見に来たんだけど… どの水着が一番似合うと思う?」
  • 望月エレナ「衣替えで薄着になったのも嬉しいけど、やっぱり本格的な夏が待ち遠しいわ〜」
  • 望月エレナ「本格的な夏が来る前に、色々と準備をすることがあるのよ〜 うふふ、忙しいわぁ〜」
  • 望月エレナ「この水着なんて、文緒ちゃんに似合うと思うんだけど… あ、でもこっちも捨て難いわ〜」

会いに行ってアシストされた時のセリフ

  • 七海四季「探してると聞いたので、もらっておいたんですけど… よかったらこれ使ってください。」
  • 七海四季「薬局でもらえたんです。あの… 私なんかのでよかったら… これも使ってください…」
  • 七海四季「スポーツドリンクのパウダーを探してるんですか? それでしたら、これをどうぞ…」
  • 七海四季「スポーツドリンクのパウダーですか? え、えっと… 確か、もらった物があった気が…」
  • 七海四季「スポーツドリンクのパウダーは見つかりましたか? もっと必要でしたら用意しますね…」
  • 七海四季「この前の物と、味が違うらしいんですけど… えっと、必要でしたらどうぞ…」
  • 七海四季「今でもドリンクのパウダーを探してるんですか? それでしたら、私の分もどうぞ…」
  • 七海四季「私からなんて欲しくないかもしれませんが… 受け取ってもらえると、嬉しいです…」
  • 七海四季「頑張りすぎて、夏バテにならないか心配していたんです… これ、どうぞ…」
  • 七海四季「春宮さんの好きな味かわかりませんが… こちらのパウダーもよろしかったら…」
  • 七海四季「家の中でも熱中症になるそうです。…あの、これで熱中症対策もしてください…」
  • 七海四季「あの、よかったら春宮さんにあげてください… 私からとは言わない方がいいかも…」
  • 七海四季「新作のドリンクが出たと聞いたので買って来ました。いらなかったら断ってくださいね…」
  • 七海四季「これを渡せば私の使命は終わって、すみっこへ行ける… なので受け取ってください…」

差し入れ発生時のセリフ(①:通常 ②:ラブラブ)

  • 優木苗(①差し入れ)「運動すると、体がぽかぽかしてきますね〜 何か、冷たい物が欲しくなっちゃいました。」
  • 優木苗(①差し入れ)「先輩、冷たい物か何か持っていませんか? 喉がカラカラになっちゃいました〜」
  • 優木苗(①差し入れ)「先輩も汗をかいてますね〜 何か、冷たい物を食べに行きませんか?」
  • 優木苗(②ラブ差入)「麦茶を持って来たんです。はい、先輩もどうぞ〜 冷たくて美味しいですよ〜」
  • 優木苗(②ラブ差入)「久しぶりに運動をしたので、疲れちゃいました… 少し休憩にしませんか?」
  • 優木苗(②ラブ差入)「暑くなると、アイスを食べたくなっちゃいますよね。先輩も食べたくなりませんか?」
  • 戸村美知留(①差し入れ)「何か、差入れを買って来ようと思うんだけど、リクエストある? なんでもいいよ〜」
  • 戸村美知留(①差し入れ)「あれ? なんか、美味しそうなアイスを食べてる人たちがいるね〜 いいな〜」
  • 戸村美知留(①差し入れ)「この辺に休憩できる場所があったと思うんだけど… えっと、どこだったかな〜」
  • 戸村美知留(②ラブ差入)「ちょっとちょっと〜 何か冷たい物持ってるでしょ? もしかして一人で食べるつもり?」
  • 戸村美知留(②ラブ差入)「せっかくなら、冷たい物でも買っておけばよかったねぇ。う〜ん、失敗!」
  • 戸村美知留(②ラブ差入)「この辺で休憩にしよっか〜 他よりは少し涼しい場所だし、ゆっくりしよ〜」
  • 望月エレナ(①差し入れ)「ひなたでシャッターチャンスを待ってると、さすがに喉が乾いちゃうわよねぇ。」
  • 望月エレナ(①差し入れ)「休憩してても、ここからなら可愛い子たちが来るのを見逃さないで済むわね〜 ぐふっ♪」
  • 望月エレナ(①差し入れ)「暑いわね〜 そろそろ休憩にしようと思ってるんだけど、よかったら一緒にどう?」
  • 望月エレナ(①差し入れ)「…私に渡したい物? 何かしら〜? 甘い物とかだったら、嬉しいんだけど。」
  • 望月エレナ(①差し入れ)「みんな、夏に向けて頑張ってるわね〜 差入れでも買って来てあげようかしら?」
  • 望月エレナ(②ラブ差入)「アイスクリーム屋さんに撮影を頼まれたんだけど、今度一緒にいかない?」
  • 望月エレナ(②ラブ差入)「水着を買いに行きたいんだけど、これだけ暑いとなかなか行く気になれないのよね〜…」
  • 望月エレナ(②ラブ差入)「疲れてくると、冷たいアイスを食べたくなるわよねぇ。どこかで売ってないかしら?」
  • 望月エレナ(②ラブ差入)「せっかくの休憩なのに、冷たいお茶だけっていうのも寂しいわよねぇ。」
  • 望月エレナ(②ラブ差入)「夏の準備で忙しそうねぇ。でも、少しは休憩しないと。体が持たないわよ~?」

差し入れ完了セリフ(①:通常 ②:ラブラブ)

  • 優木苗(①  接近)「わぁ、差入れを持って来てくれたんですか? 嬉しいです。ありがとうございます〜」
  • 優木苗(①  接近)「私の分まで用意してくれていたんですね〜 冷たくて美味しそうです〜」
  • 優木苗(②  接近)「美味しいアイスですね〜 今度、いちごちゃんたちにも食べさせてあげたいです〜」
  • 優木苗(②  接近)「冷たい麦茶に美味しいアイス… うふふ、とても幸せな気持ちです〜」
  • 優木苗(① 急接近)「いつの間に買っておいてくれたんですか? …溶けないうちに? はい、いただきます〜」
  • 優木苗(① 急接近)「美味しいですね〜 これでまた頑張れそうです。ありがとうございます〜」
  • 優木苗(② 急接近)「美味しいですね〜 今度、こんなアイス作りに挑戦してみたいです。」
  • 優木苗(② 急接近)「美味しかったです〜 さっきまでの疲れが、どこかに飛んで行っちゃいました〜」
  • 優木苗(①スーパー)「」
  • 優木苗(①スーパー)「」
  • 優木苗(②スーパー)「部長が、美味しいって言ってたアイスですね! えへへ、食べてみたかったんです〜」
  • 優木苗(②スーパー)「わぁ、素敵なアイスをありがとうございます〜 今度、お礼をさせてください〜」
  • 優木苗(②スーパー)「」
  • 戸村美知留(①  接近)「…差入れを用意してくれてたの? お〜 さすが気が利くね〜! ありがと〜」
  • 戸村美知留(①  接近)「わぁ、冷たくって気持ちいい〜 カップを持ってるだけでも、幸せな気持ちになれるよ〜」
  • 戸村美知留(②  接近)「差入れのお礼に、すっごいコスプレ衣装を用意するから。えへへ、楽しみにしててね〜」
  • 戸村美知留(②  接近)「これ、美味しいね〜 イベントの時に、あたしも差入れで持って行きたいな〜」
  • 戸村美知留(① 急接近)「美味しい〜! これで、今年の夏は乗り切れちゃうね〜 なんて、大袈裟すぎかな?」
  • 戸村美知留(① 急接近)「美味しいね〜 いよいよ夏が来るって感じがしてきたよ〜 よ〜し、頑張るぞ〜」
  • 戸村美知留(② 急接近)「夏のイベントまでにシェイプアップしたいところだけど、アイスは別腹だよね〜」
  • 戸村美知留(② 急接近)「ごちそうさま〜 すっごく美味しかった! ますますやる気が出てきちゃいましたよ〜」
  • 戸村美知留(①スーパー)「うん! これこれ! ずっとこれを食べたいと思ってたんだ〜 ありがとう!」
  • 戸村美知留(①スーパー)「こんな美味しい差入れをもらっちゃったら、コスプレも頑張らない訳にはいかないよね〜」
  • 戸村美知留(①スーパー)「はぁ〜 ほっぺたが落ちちゃいそうですよ〜 本当、本当! 冗談じゃないって〜!」
  • 戸村美知留(②スーパー)「じゃあ、お礼に… はい、あ〜んして。…ほら、早くしないと溶けちゃうって〜」
  • 戸村美知留(②スーパー)「何これ、美味しい! このアイス、あたし好みですよ〜 あとで売ってるお店教えて!」
  • 戸村美知留(②スーパー)「食べるの勿体ないけど、溶けちゃったらもっと勿体ないからね〜 いただきま〜す。」
  • 望月エレナ(①  接近)「わざわざ、買って来てくれたなんて、嬉しいわ〜 お礼に1枚撮ってあげるわね。」
  • 望月エレナ(①  接近)「すご〜い! 丁度、こんなアイスを食べたいと思ってたのよ〜 ありがとう〜♪」
  • 望月エレナ(①  接近)「甘さも丁度いいわねぇ。これで思う存分可愛い子の写真を撮れそうだわ~」
  • 望月エレナ(①  接近)「アイスの差入れなんて素敵ね~ 溶けないようにするの、大変だったんじゃない?」
  • 望月エレナ(①  接近)「この心遣いが嬉しいわ〜 本当に、私の専属アシスタントになってもらいたいくらい。」
  • 望月エレナ(②  接近)「アイスって食べなくても見てるだけで涼しく感じるわよねぇ。あ、でも勿論食べるわよ?」
  • 望月エレナ(②  接近)「あら、丁度アイスもあったらいいなぁって思ってたところだったのよ〜 嬉しいわ~」
  • 望月エレナ(②  接近)「私もこんなアイスを差入れして、女の子に喜んでもらいたいわぁ。それで、あわよくば…」
  • 望月エレナ(②  接近)「行ってみようと思ってたアイス屋さんのアイスだわ〜 これ、食べてみたかったのよね〜」
  • 望月エレナ(②  接近)「それじゃ、遠慮なくいただくわね~ う~ん、美味しい! いくらでも食べられちゃう~」
  • 望月エレナ(① 急接近)「美味しいわねぇ。もう一つ食べたいところだけど、みんなの分も取っておかなくちゃね。」
  • 望月エレナ(① 急接近)「あら〜 私もこのアイスを買いに行こうとしてたのよ〜 私たち、気が合うわね~」
  • 望月エレナ(① 急接近)「アイスを食べる瞬間って、そそるわよね〜 誰か可愛い子にも食べさせたいわ~」
  • 望月エレナ(① 急接近)「あら、いつの間に差入れを買ってきてくれてたの? 夏の準備で忙しいのに悪いわねぇ。」
  • 望月エレナ(① 急接近)「あら、もうアイスが溶けちゃった。…口を拭いてくれるの? うふふ、ありがと~」
  • 望月エレナ(② 急接近)「はぁ、どうしてアイスってこんなに美味しいのかしら~ 力が抜けちゃうわ~」
  • 望月エレナ(② 急接近)「氷でもいいから食べたいって思ってたんだけど、アイスなんて最高よ〜」
  • 望月エレナ(② 急接近)「あら~ これ、全然溶けてないじゃないの。もしかして、走って買って来てくれたの?」
  • 望月エレナ(② 急接近)「シャッターチャンス! うふふ、アイスを食べる瞬間って、みんな無防備になるのよね~」
  • 望月エレナ(② 急接近)「」
  • 望月エレナ(①スーパー)「こんなに美味しいアイスを食べちゃったら、普通のアイスが食べられなくなりそうだわ~」
  • 望月エレナ(①スーパー)「」
  • 望月エレナ(②スーパー)「この気遣いとセンス、どうりで女の子たちにモテるわけねぇ。納得がいったわ〜」
  • 望月エレナ(②スーパー)「カラフルで、すごく綺麗なアイスね〜 写真栄えもしそうだわ〜 パシャッと♪」
  • 望月エレナ(②スーパー)「」
  • 望月エレナ(②スーパー)「」

お手伝いセリフ

  • 春宮つぐみ「熱中症も心配だし、スポーツドリンクのパウダーがたくさんあったらいいんだけど…」
  • 春宮つぐみ「誰か、スポーツドリンクのパウダーをたくさん持ってたりしないかな~?」
  • 春宮つぐみ「はぁ… 暑くなったね~ これだけ暑いと陸上部の練習に支障が出そう…」
  • 春宮つぐみ「ドリンクパウダーを持って来てくれたの? ありがとう~」
  • 春宮つぐみ「このパウダーを探してたんだ~ ありがとう! おかげで助かったよ~」
  • 春宮つぐみ「」

ログインセリフ

  • 春宮つぐみ「みんなは、夏に向けて準備は順調? 私は、夏までに走り込まないと!」
  • 望月エレナ「シャッターチャンスは、あと5日? うかうかしてられないわね~ 撮りまくるわよ~!」
  • 七海四季「あと4日、体調に気を付けて頑張ってください… 暑いときはすみっこがおススメです…」
  • 春宮つぐみ「あと3日だって~ それまでに夏服を着られるように、たくさん頑張らないと…!」
  • 七海四季「あと2日ですか… 余計なお世話かもしれませんけど、こっそり応援してます…」

結果発表セリフ

  • 七海四季「こ、こんな感じみたいですけど、どうですか? こ、後半も頑張ってください…」

ストーリー概要

晴れ渡る青空の下、夏の準備にいそしむ少女たち。すると、神社である催しがおこなわれることを知る。少女たちは夏の始まりを肌で感じながら、神社に足を運ぶのだった…

直近イベント | イベント一覧

トップ